こんばんは。小夏ママです。
今日も暑かったですね〜 梅雨入る前に真夏日!わんこもヒトもツライ季節だよなー

今日は、東大付属動物医療センターに小春の検査に行く日でした。
小春は昨日の夕飯から絶食でしたが、文句も言わずおとなしく車中から風景を見ていました。
小夏も一緒に行ったのですが・・・こちらはいつもどおり落着きなく・・・ま、これもいつもどおりか。。。

東大の中は木が茂ってて、人が結構歩いているのですがとても静か。通りの喧騒が嘘みたいです。
           P1090235.JPG
医療センターは農学部の奥の方にあります。これは帰りに撮った玄関の看板。受付は2階です。
今日は月曜だから患者さんも多かったようです。10時予約でしたが、最初に呼ばれるまで20〜30分待ったかな?
小春は症状出てないし、小夏も元気だからほかのわんこやヒトに挨拶したくて仕方ないようでした。最初は遠慮してたけどやはりわんこ好きな方が多いのでナデナデしてもらったりして小春は満足げ。

最初の問診は女性の先生でした。紹介状と行きつけの病院での検査映像もあったけど、レントゲン、エコー、血液検査はしたいので1時間程度待ってくださいとのことでした。ダンナ的には問診の時の話からちゃんと検査映像見たのかなーと疑問を口にしてました。私は気づかなかったなー

           P1090233.JPG
待合室でカジカジできるガムを噛んでゴキゲンな顔(笑)。この後は比較的おとなしく小夏も待ってました。
ここは東大付属というだけあって、研修生さんたちも一緒に診療活動にあたって(見て?)います。
そうやって実習を重ね、立派な先生になっていくんだろうけど、主人としてはちょっとビミョーな心境。でも、若い人のほうが治したい熱意に溢れてるだろうしね。。。

結果説明は男の先生(教授)がしてくれました。
簡単に言うと、急いで手術をすることもないので定期的に健診(血液検査等)を行い、経過を観察しましょうとのことでした。
懸念していた胆石は石の状態というより泥(胆泥症)の状態で緊急に手術する必要はないとのこと。
それと肝臓値の方は、小春は先天的に肝臓が小さく、門脈の先の方が細菌レベルで悪さ(炎症等)をしているがこれを手術で一つ一つ取り除くのはできない。BUN値などに異常が出ているとさらに検査が必要だったりするがほかの値に異常も出ていないので定期的に血液検査等を行い、異常値が出たら薬を処方するなどして対処するしかないと言われました。
これといって症状が出ているわけではないので今手術しても肝臓の生体検査を行うぐらいで症状の緩和等のものではないとのことだったので、ムダ(という言い方がいいのかはわかりませんが)な手術で身体に負担をかけるなら・・・ということで先生の言う通り要経過観察ということにしました。

先生は優しく丁寧に話してくれたのですが、やはり初めて聞く言葉も多く、前述した内容はもしかしたらちょっと違っているかもしれないのでまた行きつけの病院の先生からも話を聞くつもりです。

              P1090234.JPG
              「やっと終わったーーーーでち!」
帰ってネットで検索してみたところ、先生が言っていたのはPHPVという肝臓及び門脈の先天性疾患のようです。
先生が言ったように今のところ、有効な治療法がないものの、重篤な状態には至らないことが多く、血液検査等で異常が現れた時に治療を施すのがベストのようです。食べ物等も今までどおりで構わないとは言われましたが、胆泥の件もありますし、少し勉強したほうがいいのかな。。。と思っているところです。

ブログをご覧のみなさまにはほんとにご心配をおかけしました。私がアタフタとひとりで焦ってしまい、ひとりで落ち込んでしまって。。。
これから小春がもっている疾患とは付き合っていくことになりますが・・・小春は今、とっても元気です!!
これからも小春だけでなく小夏も一緒によろしくお願いします!


 

こんばんは。小夏ママです。
今日は、小春と小夏の再診にまた行きつけの病院に行ってきました。

小夏、実は昨日の昼間と今日の朝も吐いていました。
ただ、以前と違ってすぐに吐いたわけでないので食べたものがそのまま出ているわけではなく、ある程度消化した状態になってました。最初は「吐きだし」ではなく、「嘔吐」になったかと心配しましたが、よく考えると、食欲は出てきているので食べるけど、胃か腸の調子が本調子ではないから吐いたのかも?と思えてきました。
先生に言うと、先生も「そうかもしれませんね。(この前病院に来て)2日だから何とも言えないけど、胃腸がまだ荒れているのかもしれないので胃薬だけでなく、整腸剤も出しましょう。それでも調子が治らなければ本格的に検査しましょう。」と言われました。
しかし、なんとなく、もう小夏は大丈夫な気がします。昨日まではフードを食べながらもしっぽが垂れていたのに、今日はしっぽがピンとして喜んで食べていたので。お薬で調子よくなったみたいですほっ

「もう、大丈夫ですよ〜ゆう★
(眠いのをガマンしてるので男の子みたいな感じ(^^;))

そして、小春。
今日は、再度血液検査をし、東大付属動物医療センターへの紹介状ももらいました。
血液検査の結果ですが、抗生物質とサプリメントが効いたのか、数値が多少落ちてきています。
 
検査項目/日付 2014.4.13 2014.5.18 2014.5.24
ALT(アラニンアミノT) 116(U/I) 714(U/I) 205(U/I)
AST(アスパラギン酸アミノT) 51(U/I) 844(U/I) 34(U/I)
ALP(アルカリホスファーゼ) 391(U/I) 621(U/I) 534(U/I)

まだ値は高いですが、前回とは全然違うので少しほっとしましたが、肝臓への影響が少し治まったということだけで、胆石であることは変わりありません。白い影がくっきり映ってたしな。。。
6月2日にセンターに行って、どう言われるかですね。胆嚢全摘とか言われたら・・・と心配が尽きませんゆう★
ダンナには「くよくよしても仕方ないでしょ。胆嚢自体は全摘しても身体への影響は大きくないから、センターで全摘の場合とそうでない場合のリスクを聞いて判断すればいいでしょ。」と真っ当な意見を言われました。
その通りなんですけどね。。。

「ご心配おかけしてますでち。でもこは、元気なんでちけど。。。」

いかん!くよくよしない!!小春に一番負担がかからず、健康に過ごせるように話をちゃんと聞かなきゃ!!ですね。

明日も天気よさそうだから、一緒に遊ぶぞー!
来週末には小夏も本調子になるだろうし、小春もセンターへ行く前だからさっぱりプロシャンに行ってもらおう!
小夏家、元気に頑張ります!頑張る
 

こんばんは。小夏ママです。
前回の記事に対して、みなさんからたくさん応援コメントを頂きました。
本当にありがとうございます。
へたれてた気持ちが立ち直ってきました。
悩んだって仕方ない。今現在、小春は元気なんだもん。
うじうじしてたら小春だけでなく、小夏にも悪影響ですよね。頑張ります!私!!
(でも、ふっと泣けてくることもあるんですが・・・めそめそはしないようにしますっ!)


こはは元気でちよ〜♪

昨日、ダンナに行きつけの病院から大学病院の予約が取れたとの連絡がありました。
病院は文京区にある「東京大学付属動物医療センター」です。
6月2日に行くことになりました。いきなり手術ではないでしょうから、検査ですかね。
とりあえず今週末行きつけの病院に詳しい説明を聴きに行くことになってます。
それまでに分からないことや聞きたいこと、これまでの手術や注射の履歴を整理しておこうと思います。
天下の東大ですもん、きっと大丈夫だ!!

今回、血液検査で異常が分かったのですが、備忘録も兼ねて、数値を残しておこうと思います。
 
検査項目/日付 2014.4.13 2014.5.18 評価
ALT(アラニンアミノT) 116(U/I) 714(U/I) 肝機能障害、低酸素症など
AST(アスパラギン酸アミノT) 51(U/I) 844(U/I) 肝機能障害、筋肉懐死など
ALP(アルカリホスファーゼ) 391(U/I) 621(U/I) 肝機能障害、胆汁うっ滞、主要など
BUN(尿素窒素) 31.7(mg/dl) 腎不全、尿毒症、尿路結石など
 

以上の項目が当初から値が高かったため、再検査した結果で食事を替えるか考えようと思っていたのでした。
そしたら異常値が・・・
当初検査したときに先生はそんなに重く考えているようではなく(現に参考値の高めの部分で異常までではない)、
来年も高かったら考えましょう程度だったのですが、引っかかったのが肝機能系だったので
「肝臓はモノを言わない臓器だからな・・・」と軽い気持ちで再検査してみたのです。
偶然だったのか必然だったのか・・・
どちらにしても、早期発見につながって今ではほっとしています。
胆石症や胆泥症などは血液検査でこのように肝機能系に異常が出ることで分かるそうなので
みなさんも気を付けてみてください。(もちろん、血液検査の後でレントゲンやエコー等の診断が必要です。)


応援ありがとうでちハート

 

こんばんは。小夏ママです。
お久しぶりのUPですみません。
前回の記事にもお返事しておらず、申し訳ありません。

記事も溜まりまくって、ちゃんと整理しようと思っていたのですが…先にご報告することが起きてしまいました。

今日、小春に「胆石症」との診断がされました…
先月、毎年恒例の採血検査をしたら小春の肝機能関係の値が高かったので、少し心配になり、今日は朝ご飯も抜いて再度採血検査してもらったら、肝機能関係の値が異常値との結果が。
すぐにレントゲンとエコー検査をしてもらったら、白い影が…胆石だそうで、それが肝臓に影響を与えているようだと。
食事療養では消えないものらしく、手術の必要があるとのことでした。

全然症状が出ていない(食欲不振、嘔吐、具合が悪そうな様子など)ので手術をするなんてまったく考えてなかったのですが、先生は症状が出たらほんとに危なく、緊急手術しないといけないと言われました。
手術は専門性が高いので、大学病院などに紹介する形になるけど、予約がなかなかすぐに入らないということだったので、その場でお願いしました。

手術がいつになるか、分かりませんが、とりあえず抗生物質やサプリメントで内部療養です。

いつまでもこの光景を見たいから…
私も泣きそうですが、頑張ります!

1

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ランキング用バナー

ごはんカフェ cococonomi

http://cococonomi.jimdo.com/

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • みなさま、ありがとうございました。
    ロイママ
  • みなさま、ありがとうございました。
    tae
  • みなさま、ありがとうございました。
    ルークねえ
  • みなさま、ありがとうございました。
    ミミmama☆
  • みなさま、ありがとうございました。
    こゆ母
  • ご報告・・・小春が旅立ちました。
    りかこ
  • みなさま、ありがとうございました。
    ノアママ
  • みなさま、ありがとうございました。
    めぐ
  • みなさま、ありがとうございました。
    mayuyu
  • みなさま、ありがとうございました。
    きゃーこ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM